第6回 堺クラフトフェア

『灯しびとの集い』

2014年11月15日(土)・16日(日)

公式HP

オカズさん
先日、福井県の創作の森ガラス工房で“おもてなし”
をテーマとしたワークショップが開催されました。
この時ご一緒したのは東京の「オカズデザイン」さんです。

 オカズデザインさんは最初ご夫婦でグラフィックデザインの
オフィスを始められ、デザインのお仕事をされていました。
クライアントさんに彼らの仕事に対する姿勢を表す意味を
込めてお料理を振舞ったところ大変好評を博し、その後
ケータリングなどの仕事の依頼が舞い込んでくる事になった
らしいです。それにしても、一番最初のフードでのお仕事が
“5000食”分だったってことは本当に驚きました!

 さて、そのワークショップでオカズデザインさんと
クラスを一緒に指導することになったのですが彼らの
食にたいする真面目な気持ちと研究する熱心な姿勢には
脱帽しました。この度のワークショップは福井県の特産物を
使った料理で地元の人たちをもてなすという企画で
そのプロセスを通じて受講生たちは食と器と人の関係を学ぶ
という企画でした。オカズデザインさんは事前に福井県の
食材をしっかりと吟味し、メニューも入念に考えられていました。
そのメニューに合うガラスの器をデザイン、制作するという
内容のものでしたがプロフェッショナルを目指す人にとっては
大変意味深いワークショップだったと思います。

 
e0159487_12395318.jpg
画像のレモンの入ったビンにはオカズデザインさんが作った
レモネードが入っていました。彼らのレモネードのファンは本当に
沢山います。オカズデザインさんがレモネードを販売するとなると
行列ができるほどです。ちなみに、画像のレモネードはワークショップ
の時にオークションで入手したものです。レモンとからす山椒の
蜂蜜で作られています。福井県の地元養蜂所の方の計らいで贅沢な
蜂蜜がドバーっと使われていますが、レモンの酸味とさわやかさ、
そしてコクのある蜂蜜の甘さがスッキリとした甘さで、水で割っても、
ソーダで割ってもどちらでも美味しかったです!!

 つじの
[PR]
by tomoshibito | 2009-04-05 13:28 | 過ぎていく日々
<< 大仙公園と80万都市堺 旧堺燈台 >>