第6回 堺クラフトフェア

『灯しびとの集い』

2014年11月15日(土)・16日(日)

公式HP

<   2012年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧
落し物について
10月27日(土)・28日(日)に行われました『灯しびとの集い』の会場にて
落とし物にお心当たりのある方は、
こちらのお問い合わせフォームからお問い合わせください。
[PR]
by tomoshibito | 2012-10-31 08:37 | お知らせ
【出展作家:陶磁】十二月窯
e0159487_2315523.jpg


・作家名(工房名):十二月窯
・出展ジャンル:陶磁
・都道府県:大阪府
・自己紹介
自己紹介:
今春、独立しました。そして、
まずしたことは、灯しびとの集いへの応募でした。
地元でクラフトフェアが行われていることが、とにかく嬉しかったからです。

私は食器を作っています。
生活の道具ですから、オーソドックスなものがいと思っています。
その安心感を大切にしながら、記憶に残るものを作りたい。

長く務めた職場で使っていた、マグカップ。
独立して、初めて買ったお客様用の湯飲み。

思い出と共にある器でありたいです。
[PR]
by tomoshibito | 2012-10-28 23:16 | 出展作家ご紹介
いよいよ明日から2日間、開催されます
実行委員の荒生です。

いよいよ、明日から2日間、灯しびとの集いが開催されます。
今日は夜明け前から、大仙公園の「催し広場」で会場設営を行いました。
広いグラウンドにブースレイアウトを描き、テントを設営したり、看板を設置したりしました。

朝からずっと、本当にきれいな青空!
この青空が、灯しびとの集いが終了するまで続くようにと
スタッフ全員で祈りつつ、せっせと設営を進めました。
手づくりのテルテル坊主も、設営の様子を見守ります。

e0159487_2129494.jpg


さて、会場のブースレイアウト。実はこだわりの配置なのです。
各ブースは、来場者の方からは作品を見やすいように、
出展者の方は展示に趣向をこらせるような配置にしています。

区画整理された碁盤の目のような配置ではないので、
来場者の方がどこで何を見たか、わからなくなることもあるようですが・・・
実はそれは、たくさんのブースを何度も見てほしい、
より多くの作品を見ていただきたいという思いがこもっているからなのです。

『案内ブース』のそばでは会場マップを配布していますので、
マップを見ながら楽しんで会場内を巡っていただきたいな、と思います。

綿密な図面に従って、巨大な楕円を描くレイアウトを作っていきます。

e0159487_2130530.jpg


配置が決まれば、テントの設営、備品の準備などを整え、気づけばもう日が暮れかかっていました。
1日があっという間に過ぎてしまいましたが、みなさまをお迎えする準備は万端です。

e0159487_21303231.jpg


明日からの2日間、みなさまに素晴らしい出会いとワクワクがありますように。
会場でお会いしましょう!
[PR]
by tomoshibito | 2012-10-26 21:31 | お知らせ
イベント当日の最新情報は・・・
イベント当日の開催状況や会場の様子などを下記でご覧いただけます。

■公式Facebookページ
https://www.facebook.com/tomoshibito

■公式Twitterアカウント
https://twitter.com/TomoshibitoOrg

■推奨ハッシュタグ #tomoshibito
https://twitter.com/search?q=%23tomoshibito
灯しびとTwitterアカウントだけでなく、
出展者や来場者などのツイートをお楽しみいただけます。
当日ツイートされる方はぜひ「#tomoshibito」をつけて
ツイートしてください!!
[PR]
by tomoshibito | 2012-10-26 20:48 | お知らせ
新聞掲載のお知らせ

本日の読売新聞朝刊に、
灯しびとの集いの告知を掲載していただきました。

e0159487_13265859.jpg

[PR]
by tomoshibito | 2012-10-26 13:28 | メディア
会場マップ
「灯しびとの集い」イベント当日の会場マップが公開されました。
「どういうルートで見てまわろう?」
なんて楽しんでみてもいいかもしれませんね!

⇒会場マップはこちら(PDF)
[PR]
by tomoshibito | 2012-10-25 11:03 | お知らせ
今年は何色?
こんにちは。実行委員の樋口です。
金木犀の香りが街中に広がり、すっかり秋になってきました。
そろそろ天気予報が気になり始める時期です。
今年こそは、準備の日も含め、3日とも晴れるといいですね。

さて、今回は、『ピンバッチ』をご紹介します。
毎年、作り手の実行委員たちが手間暇かけて、作製している『ピンバッチ』。
灯しびとの集いのオリジナル商品として販売していますが、
モチーフが毎年違うので、集めてくださっている方もおられる人気商品です。

1回目は『旧堺燈台』(非売品)、2回目は『チンチン電車』、3回目は『自転車』がモチーフ。
共通点は、堺にちなんでいること。
さて、今年のモチーフには何が選ばれたでしょうか??

e0159487_1724589.jpg


わかります?
とっても有名な(?)外国人『フランシスコ・ザビエル』さんです!!
数ある素敵なアイディアの中から、
実行委員・ボランティアさんの多数の人気を集めて『ザビエル』さんに決定いたしました。
ザビエルさんは、『ザビエル公園』があることからもわかるように、
堺の豪商が手厚くもてなしたことから堺におられたこともあるんですよ。

昨年のブログでは型抜きの様子をご紹介いたしましたので、
今年は、釉掛けの様子をご紹介します。

今日の一番最初の作業は、色の選定。
これが一番時間がかかります。
事前にいくつかの釉薬で試作品を作っていたので、出来具合を比較します。
今年は、目がありますので、埋まってしまわないように注意が必要です。

e0159487_17265332.jpg


写真では、同じように見えますが、白もいろんな白があります。
色が違うともちろんのこと、同じ色でも十字架に少し色を入れるだけでも
まったく印象が変わります。
ちなみに、光輝く『ゴールドザビエル』さんは、実行委員会会長しか付けられません。
会場で、『ゴールドザビエル』さんを付けている人を見かけましたら、
その人が会長ですよ!

さて、色が決まったら、釉掛けにとりかかります。
1つ1つ丁寧に掛けていき、

e0159487_17273759.jpg


さらに裏にはみ出した釉薬をスポンジで丁寧にふき取っていきます。

e0159487_1728256.jpg



釉掛けの終わったザビエルさんたち・・・

e0159487_17282881.jpg



今日は、ここで終了でしたが、この後、1度焼いて、
さらに十字架の部分に色付けをし、もう一度焼きます。
そして、バッチの金具をつけて完成・・・
本当は、十字架の部分の色付けをしなければ、一手間省けるのですが、
そこはデザインにこだわる作り手たち。
完成が本当に楽しみです。


さて、悩みに悩んだ末、今年は何色になったでしょう?
答えは、当日会場でご確認ください(笑)
手ぬぐい』と共に案内ブースにて販売しております。
世界に約100個しかないピンバッチですので、
昨年は、2日目の昼には完売してしまいました。お求めの方はお早目に。
[PR]
by tomoshibito | 2012-10-23 11:46 | お知らせ
雑誌・web掲載のお知らせ
灯しびとの集いの情報を掲載していただきました。

e0159487_16493260.jpg

京阪神アート散歩MAP
株式会社京阪神エルマガジン社




e0159487_1652798.jpg

Richer 11月号
株式会社京阪神エルマガジン社




e0159487_16533673.jpg

天然生活 12月号
地球丸




used living
http://www.used-living.com/topic/tomoshibito

OSOTO WEB
http://www.osoto.jp/recommend/2012/10/post-72.html

iichi
http://www.iichi.com/event/G9670091

モバイル
ドコモ iコンシェル
[PR]
by tomoshibito | 2012-10-23 11:46 | メディア
灯しびとの集い スタッフピクニック
こんにちわ。灯しびとの集い実行委員の井上です。

灯しびとの集いまでいよいよ後1週間、堺では堺祭りが開催されにぎわいを見せている中、スタッフ一同は最終の現場確認と下見を兼ねたピクニックを行いました。ボランティアで参加しているスタッフの中には灯しびとの集いで初めて大仙公園を訪れるものもおり、お客様により良い案内が出来るよう懇親会を兼ねて今年から実施しています。


百舌鳥駅に集合し、一般のお客様が通られる経路を大仙公園まで歩き、立て看板の設置場所や周辺施設を確認しながら移動して、会場となる催し広場まで移動しました。涼しくなったとはいえ今日は絶好の行楽日和で歩いているとかなり汗ばむくらいで、フェア当日もこの位晴天であればいいのになぁとスタッフの口から漏れる溜息。そうです、灯しびとの集いはなぜか雨に降られる事が多く、今年こそはと毎年願いつつも一昨年は一日目に開催中止の憂き目を見る事になってしまいました。

一通り公園内外の下見を終えて、会場脇の芝生にシートを広げてピクニックスタート!
子連れでにぎやかな雰囲気の中、説明会以来のスタッフ同士も打ち解けて和気あいあいと過ごしていました。会場は砂地の広場ですが、周囲は芝生のエリアも広いのでぜひ当日もピクニックシートを持ってこられることをお勧めいたします。会場内に十分な数のベンチが配置できないという事情もありますが、木陰も多く気持ちのよい時間を過ごしていただける事間違いありません。
e0159487_2312486.jpg




その後、晴天祈願にとまずは近所の仁徳陵へお参り。観光ボランティアの方にご説明いただき、イベントの晴天と成功を祈願しました。
e0159487_2312219.jpg




その後さらに車で移動して百舌鳥八幡宮へもお参り。
e0159487_2312077.jpg




こちらも祈祷していただき、スタッフ一同すっきりとした面持ちで八幡様を後にしました。週間天気予報が、昨日の時点では日曜だけ雨になっていたのですが先ほど確認すると曇りマークにかわっていました。今年こそ、今年こそ二日とも好天の灯しびとで皆様をお迎えできる事をスタッフ一同願っております。来週末はぜひ秋晴れの大仙公園でお会いしましょう!
[PR]
by tomoshibito | 2012-10-21 23:03 | お知らせ
【アクセス】JR阪和線 百舌鳥駅から会場までの道順
灯しびとの集い当日のご来場の際は、公共の交通機関ご利用をお願いしております。会場までの交通機関のご案内詳細は、灯しびとの集い公式サイトのアクセスマップをご確認ください。
灯しびとの集い|アクセスmap


会場への最寄り駅はJR阪和線百舌鳥駅となりますが、会場まで少し回り道となりますのでご参考までに道順を掲載いたしますのでご参照ください。


■1:百舌鳥駅をおりて西へ■
百舌鳥駅は上下線それぞれに改札口が別れています。天王路方面からお越しの場合は、改札を出てから踏切を渡り、そのまま西へ直進してください。和歌山方面からお越しの方は、改札を出てすぐ左手にある道をまっすぐ正面へお進みください。

e0159487_22371897.jpg

▲百舌鳥駅天王寺方面出口


■2:南海バス「もず駅前」バス停をさらにまっすぐ■
しばらくすすむと歩道沿いに、南海バスの「もず駅前」バス停が見えてきます。そのまましばらく直進してください。

e0159487_22372021.jpg

▲もず駅前バス停


■3:大仙公園入り口■
バス停からしばらくすすむと信号がある横断歩道が見えてきます。ここを横断していただくと大仙公園に入ります。灯しびとの集いポスターを貼った看板を設置しておりますので目印にしてください。

e0159487_22372244.jpg

▲公園入り口


■4:分かれ道■
公園に入ってしばらくすすむと二股に別れた道に出てきます。右手には大仙公園のシンボルである平和塔が見えます。この位置にも看板を設置していますが、左の道をお進みください。

e0159487_22372484.jpg

▲公園内の分かれ道


■5:トレリス(ベージュ色の大きな門)が見えたらもう少し■
緩い坂を上ると左手にトイレと自動販売機が見えてきます。その先左手に「トレリス」と呼ばれる大きな門が見えてきます。ここから左に曲がると会場である「催し広場」となります。自転車の方はここと通り過ぎた左側が駐輪場となりますので、自転車を止めて中にお入りください。

e0159487_22372792.jpg

▲左手のベージュの門が「トレリス」です

e0159487_22373058.jpg

▲こちらを抜けると灯しびとの集いの会場「催し広場」です!
[PR]
by tomoshibito | 2012-10-21 22:41 | 会場へのご案内