第6回 堺クラフトフェア

『灯しびとの集い』

2014年11月15日(土)・16日(日)

公式HP

<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
旧堺燈台
灯しびとの集いのロゴマークにもなっている旧堺燈台。
市民の寄付で1877年(明治10)に造られた、日本最古の木製洋式燈台で
1968年(昭和43)まで使用されていました。
その姿は六角形で、高さ11.3メートル。
建設には外国人技師や、堺の大工、石工が関わっています。

長年にわたり堺の港を照らし続けましたが、周辺の埋め立てが進み
その役目を失い廃燈となりました。
1972(昭和47)国の史跡指定を受け、文化財として保存されています。
e0159487_14584642.jpg

今も、この燈台は堺の町のシンボルとして、電話ボックスやマンホールなど
さまざまな所でデザインとして使用されています。
その1つ、こちらは「堺燈台もなか」 
あっさりした粒餡がおいしいですよ。

なかお
[PR]
by tomoshibito | 2009-03-13 11:00 | 過ぎていく日々
かん袋のくるみ餅
少々気が早いですが・・・

「灯しびとの集い」へ足を運んで下さる折には、
是非、あわせて堺の旧市街地巡りもおすすめ致します。
その際にここは是非お立ち寄り頂きたいと思う、
これは独断と偏見で私が選ぶ、お気に入りの甘味処です。

「かん袋」

大阪、あるいは関西にお住まいの方の中には
ご存じの方も多いかと思います。
というのも、様々なメディアからも引っ張りだこの「かん袋」さん。
ここの”くるみ餅”が絶品なのです。
”くるみ餅”と言っても、胡桃を使用しているわけではないらしく、
白玉(かな?)を餡でくるんであるから・・・とか。
その白玉をくるんだ緑色の餡の製法は一子相伝とのことで、
外部はおろか、従業員の方々にも教えないらしい・・・(これは祖母曰わく)


e0159487_16492151.jpg




手土産にお持ち帰りをされるお客様もとても多いのですが、
是非店内でも召し上がって頂きたいのです。
「かん袋」さんのメニューには
”くるみ餅”か”氷くるみ餅”しかありません。
”氷くるみ餅”は”くるみ餅”の上に、
雪のようにやわらかな氷をかけたもので、
その氷が濃厚な餡をほど良い甘さにしてくれます。
個人的には”氷くるみ”が好みです。
是非一度ご賞味下さい。
やみつきになりますよ。


いで
[PR]
by tomoshibito | 2009-03-07 11:45 | 過ぎていく日々